2005.11.16

【ACR2005速報】リセドロン酸ナトリウム水和物が膝骨関節症の関節破壊を遅らせる可能性 

 閉経後骨粗鬆症の治療薬であるリセドロン酸ナトリウム水和物(リセドロネート、製品名「アクトネル」)の多量投与が膝骨関節症の関節破壊を遅らせることができる可能性が臨床試験で示された。成果は、11月15日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会のACR Concurrent Session 07A 「Osteoarthritis: Therapeutics」で英国King's College LondonのChristopher Buckland-Wright氏(写真)が発表した。

 健康な関節は軟骨が骨と骨を隔てて、関節がスムーズに動くようになっている。骨関節症患者の関節では軟骨が失われ、骨の間のスペースが狭くなってしまう。どのくらい狭くなったかが病気の進展具合の指標にされている。最近の研究によって、軟骨の下にある骨が骨粗鬆症状態になり、その結果として関節の破壊が起こり、関節手術が必要になることが明らかになってきている。(全文はこちらから


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. マッチング最終結果、フルマッチ校は12校 【2018年度】新専門医制度開始も市中病院人気は不変 FBシェア数:51
  2. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:26
  3. 主訴便秘、腹部X線で見えた不透過像の正体 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:135
  4. 3歳8カ月男児。突然笑い出す。 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  5. 「私はどこへ行けばいいんでしょう?」と患者に言わ… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:27
  6. 好機! 「入退院支援」が新たな収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:26
  7. 30歳男性。深夜3時からの吐き気と心窩部痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:6
  8. あなた、本当に子どもを医者にしますか? 記者の眼 FBシェア数:62
  9. 抗結核薬のせいじゃない。○○による肝障害 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:24
  10. 便潜血陽性者が大腸内視鏡精査を拒否したら? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:81
医師と医学研究者におすすめの英文校正