日経メディカルのロゴ画像

2005.11.15

【AHA2005速報】AHA2005が開幕、参加者2万7000人がダラスに集う

 テキサス州ダラスで11月13日、米国心臓協会(AHA)の学術集会「AHA2005」が開幕した。学術集会は16日までの4日間、併設の展示会は13〜15日までの3日間開催される。12日のプレセッションシンポジウムを含め、参加者は推定2万7000人、演題数は3800にのぼる。米国臨床がん学会「ASCO」などと並ぶ世界最大規模の学会と言える。

AHAの学術集会は基礎、臨床、疫学の3部構成になっていて、それぞれシンポジウム、教育セッションなどと、口演とポスターによる一般演題が組まれている。それとは別に、会長講演や受賞報告、プレナリーセッションなどのスペシャルセッションが用意されている。

なかでも花形と言えるのは、循環器系の大規模臨床試験の成果・経過を報告する「最新臨床試験報告:Late-Breaking Clinical Trial」だ。AHA2005では16題の報告が行われる(ただし14日までに1件の発表が中止)。(全文はこちらから