2005.11.15

【ACR2005速報】関節リウマチにαフェトプロテインが有効

 αフェトプロテイン(AFP)を関節リウマチ患者に投与すると有効であることが初めての二重盲検試験で明らかとなった。妊娠期間中には関節リウマチの症状が緩和されることが臨床的に観察されている。緩和の時期が母体と胎児のAFPが増加するときに一致する傾向がある。また、in vitroの実験と動物実験でAFPに免疫調節作用があることが示されていることから、遺伝子組み換えヤギで製造した糖鎖のついていないAFP製剤MM-093の関節リウマチを対象にした臨床開発が米国Merrimack Pharamaceuticals社によって進められている。MM-093の二重盲検試験の結果は、11月14日に米国サンディエゴで開催された米国リウマチ学会で、英国King's College LondonのLouise C. Pollard氏(写真)によって発表された。(全文はこちらから

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1175
  2. 精神病院のいまとこれから 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:64
  3. 自らの「診断エラー」に真正面から対峙せよ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:83
  4. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:303
  5. かつてない異常気象が縦隔気腫の原因に? 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:13
  6. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:145
  7. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 入院させたがる精神科医に抱く疑問 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:114
  9. 緩和ケア病棟は「死ぬまでの間を生きる場所」 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:103
  10. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:273
医師と医学研究者におすすめの英文校正