日経メディカルのロゴ画像

2005.11.14

【AHA2005速報】メタボリックシンドロームは、AMI後の次の心臓イベントでも独立した予測因子

 メタボリックシンドロームは、急性心筋梗塞(AMI)後の心臓イベントの独立した予測因子であることが報告された。AMI後の症例を対象にメタボリックシンドロームの影響を調べた研究で分かったもので、大阪大学の坂田泰彦氏(写真)らが11月13日、セッション「Acute Coronary Syndromes - Outcomes」で発表した。

 メタボリックシンドロームが心筋梗塞などの危険因子であることは多くの疫学研究で明らかになっているが、AMI後の2次予防に対する影響については、ほとんどデータがなかった。そこで研究グループは、AMI後の3858例(男性2933例、女性925例、平均年齢64.7±11.4歳)を対象に、メタボリックシンドロームの影響を追跡調査した。対象症例は、急性冠症候群の登録システムであるOsaka Acute Coronary Insufficiency Study(OACIS)から抽出した。平均追跡期間は851±630日。なお、メタボリックシンドロームの診断は、改良National Cholesterol Education Program criteriaに基づいて行った。(全文はこちらから