日経メディカルのロゴ画像

2005.11.13

【ACR2005速報】関節リウマチ、乾癬性関節炎、強直性脊椎炎の人は心血管疾患などの発症リスクが大幅増、大規模データで明らかに

 関節リウマチ(RA)や乾癬性関節炎(PsA)、強直性脊椎炎(AS)の人は、心血管疾患の発症リスクが1.3倍から2倍に増大することが、大規模ケースコントロール研究の結果明らかになった。米Centocor社のChenglong Han氏が、米国サンディエゴで開催中の米国リウマチ学会のACR Impact of Arthritis Conferenceで、11月12日にポスター発表したもの。

 Han氏らは、2001年から2002年に全米の70を超える医療保険プランに加入していた約277万人のデータをもとに、RA2万8208人、PsA3066人、AS1843人と、その4倍数のコントロール群について分析を行った。各グループの平均年齢は、RAが51.9歳、PsAが49.7歳、ASが47.3歳だった。(全文はこちらから