日経メディカルのロゴ画像

2005.11.08

アステラス製薬が米社から新規抗生物質テラバンシンを導入

 アステラス製薬は、11月8日、米テラバンス社から同社が開発中の抗生物質テラバンシン(注射剤)に関する、日本を除く全世界で独占的に開発、製造、販売権を獲得したと発表した。日本における権利についても今後、検討していくという。

 テラバンシンは、脂質化グリコペプチド系抗生物質。細菌の細胞壁合成を阻害するとともに細胞膜透過性の増大作用を併せ持ち、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)を含むグラム陽性菌による感染症治療の新選択肢になる可能性がある。テラバンシンは現在米国で、グラム陽性菌に起因する複雑性皮膚・軟部組織感染症と院内肺炎の両疾患を対象にフェーズ3臨床試験が行われている。

 また、アステラス製薬は、今回の契約で、テラバンス社の新規抗生物質TD-1792(注射剤)の日本を除く全世界での開発・販売に関するオプション権も獲得した。TD-1792は、グリコペプチド系とβラクタム系の両方の抗菌活性を1つの分子に持つ化合物。

 ライセンス契約の金銭面の条件の詳細は明らかにされていないが、アステラス製薬は総額で2億2100万ドルの一時金を支払うとともに、製品の販売に応じてロイヤルティーを支払うことになる。(横山勇生)