2005.11.04

協和発酵がオルニチンの美肌効果を確認、手足の冷えも改善

 3週間のオルニチン摂取により顔のシワが減り、肌荒れが改善するなど、オルニチンに美肌効果があることを協和発酵が発表した。オルニチンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進する成分として注目されており、現在は主にアスリート向けのサプリメントなどに利用されている。

 今回、男性8人、女性6人の計14人を7人ずつ(男性4人、女性3人)の2群に分け、1グループには1日800mgのオルニチンを摂取してもらい、もう1グループにはプラセボを摂取してもらう実験(二重盲検並行群間試験)を、3週間にわたって行った。被験者の年齢層は45〜65歳。テスト終了時に「肌の状態が改善したと感じるか」を尋ねるアンケートで、変化を調べた。

 その結果、顔色、顔と体のしみ、顔のしわ、顔のハリ、目元や口元のかさつき、顔の脂っぽさ、頬やあごの肌荒れ、の7項目すべてで、プラセボ摂取群に比べてオルニチン摂取群の改善率が高かった。特に、顔のしわの改善度は、オルニチン摂取群では約75%が改善したと答えたのに対し、非摂取群では約20%と差が大きかったのをはじめ、顔色(摂取群で約80%、非摂取群で約40%)、顔のハリ(摂取群で約65%、非摂取群で約40%)でも有意に差がついた。

 さらに、オルニチンの摂取で、手足の冷え改善や疲労軽減といった結果も出た。これらのデータに基づき、同社ではこれまで男性中心だったオルニチン商品を女性に向けてもアピールしていく考えだ。(中野恵子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
  2. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  3. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  4. 25歳男性。動悸、失神 日経メディクイズ●心電図
  5. 耳鳴は難聴の代償反応、治療は脳リハで インタビュー◎耳鳴は拍動性の有無、聴覚検査などを基に診断
  6. [file005]部下が言うことを聞かなくて…… 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  7. 遺伝子治療に沸く米国と足をすくませる日本 記者の眼
  8. 診断の質を高める3つのReflectionを 診断エラー学のすすめ
  9. しばしば誤嚥性肺炎の原因となる意外なあの疾患 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」
  10. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
医師と医学研究者におすすめの英文校正