2005.11.04

協和発酵がオルニチンの美肌効果を確認、手足の冷えも改善

 3週間のオルニチン摂取により顔のシワが減り、肌荒れが改善するなど、オルニチンに美肌効果があることを協和発酵が発表した。オルニチンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進する成分として注目されており、現在は主にアスリート向けのサプリメントなどに利用されている。

 今回、男性8人、女性6人の計14人を7人ずつ(男性4人、女性3人)の2群に分け、1グループには1日800mgのオルニチンを摂取してもらい、もう1グループにはプラセボを摂取してもらう実験(二重盲検並行群間試験)を、3週間にわたって行った。被験者の年齢層は45〜65歳。テスト終了時に「肌の状態が改善したと感じるか」を尋ねるアンケートで、変化を調べた。

 その結果、顔色、顔と体のしみ、顔のしわ、顔のハリ、目元や口元のかさつき、顔の脂っぽさ、頬やあごの肌荒れ、の7項目すべてで、プラセボ摂取群に比べてオルニチン摂取群の改善率が高かった。特に、顔のしわの改善度は、オルニチン摂取群では約75%が改善したと答えたのに対し、非摂取群では約20%と差が大きかったのをはじめ、顔色(摂取群で約80%、非摂取群で約40%)、顔のハリ(摂取群で約65%、非摂取群で約40%)でも有意に差がついた。

 さらに、オルニチンの摂取で、手足の冷え改善や疲労軽減といった結果も出た。これらのデータに基づき、同社ではこれまで男性中心だったオルニチン商品を女性に向けてもアピールしていく考えだ。(中野恵子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「夜型体質による不眠」を誤診していませんか 三島和夫の「知って得する睡眠臨床」
  2. tPAや血栓回収が使える脳梗塞が大幅に広がる! トレンド◎脳卒中治療ガイドライン追補2019がまもなく公開
  3. 10歳代に増えるOTC薬の乱用、やっぱり危険! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  4. あちこちに「迫害されている!」と訴える人 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
  5. 職員の長所や短所をやんわり指摘する手段 診療所経営駆け込み寺
  6. 病院総合診療専門医のプログラムも2020年度より… 日本病院総合診療医学会が詳細を提示
  7. 【動画】嗄声を訴える76歳男性~米国式外来診療の… 動画で学ぶ「英国式vs米国式 外来診療の進め方」
  8. 診断困難例の陰にベンゾジアゼピン系薬のリスク 学会トピック◎第19回日本病院総合診療医学会学術総会
  9. SGLT2阻害薬は北欧の心血管リスクを下げたか? BMJ誌から
  10. 死亡診断書の「死亡場所」の整理に異議あり! 記者の眼
医師と医学研究者におすすめの英文校正