2005.11.04

協和発酵がオルニチンの美肌効果を確認、手足の冷えも改善

 3週間のオルニチン摂取により顔のシワが減り、肌荒れが改善するなど、オルニチンに美肌効果があることを協和発酵が発表した。オルニチンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進する成分として注目されており、現在は主にアスリート向けのサプリメントなどに利用されている。

 今回、男性8人、女性6人の計14人を7人ずつ(男性4人、女性3人)の2群に分け、1グループには1日800mgのオルニチンを摂取してもらい、もう1グループにはプラセボを摂取してもらう実験(二重盲検並行群間試験)を、3週間にわたって行った。被験者の年齢層は45〜65歳。テスト終了時に「肌の状態が改善したと感じるか」を尋ねるアンケートで、変化を調べた。

 その結果、顔色、顔と体のしみ、顔のしわ、顔のハリ、目元や口元のかさつき、顔の脂っぽさ、頬やあごの肌荒れ、の7項目すべてで、プラセボ摂取群に比べてオルニチン摂取群の改善率が高かった。特に、顔のしわの改善度は、オルニチン摂取群では約75%が改善したと答えたのに対し、非摂取群では約20%と差が大きかったのをはじめ、顔色(摂取群で約80%、非摂取群で約40%)、顔のハリ(摂取群で約65%、非摂取群で約40%)でも有意に差がついた。

 さらに、オルニチンの摂取で、手足の冷え改善や疲労軽減といった結果も出た。これらのデータに基づき、同社ではこれまで男性中心だったオルニチン商品を女性に向けてもアピールしていく考えだ。(中野恵子、日経ヘルス

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「HPVワクチン名誉毀損訴訟」で抱く違和感 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
  2. 発熱と鎖骨付近の疼痛、見逃しNGの2疾患は? カンファで学ぶ臨床推論
  3. 爪が雲母のように分離してます… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  4. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  5. 家計にとって子どもは「負債」なのか Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  6. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  7. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  8. 看護師の採用に“コツ”はあるか 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  9. 腎盂腎炎の診断でCVA叩打痛が当てにならないこれ… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  10. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線
医師と医学研究者におすすめの英文校正