日経メディカルのロゴ画像

2005.10.24

【日本癌治療学会速報】癌治療学会が開幕、「信頼されるがん医療への道」がテーマ

 第43回日本癌治療学会総会が10月25日、名古屋市の名古屋国際会議場で始まった。今回の総会のテーマは「信頼されるがん医療への道」で、今、国民から求められているがん医療とそのあり方を討論するとしている。特別講演では、聖路加国際病院の日野原重明氏が「癌患者の心」、東京大学医科学研究所教授の中村祐輔氏が「がんゲノム情報に基づく診断・治療への応用」のタイトルでそれぞれ講演する。このほかシンポジウム15セッション、パネルディスカッション3セッション、ワークショップ26セッション、ビデオセッション1セッションなどが行われ、一般演題を含め1837題の発表が行われる。

 総会の会長は愛知県がんセンター名誉総長の大野竜三氏。会期は27日までの3日間だ。(横山勇生)