2005.10.19

どうなる06年診療報酬改定−−日経ヘルスケア21の特集

最新号表紙画像 2006年4月に予定される診療報酬改定。小泉構造改革のあおりを受け、史上最大規模の診療報酬本体部分の引き下げが行われる可能性も高まってきた。一体どのような改定が検討・準備されているのか。9月末までの最新情報を集約し、改定の行方を占う。

 日経ヘルスケア21の10月号の特集は、「どうなる06年診療報酬改定」です。このほかの主な内容は下記の通り。

特集
 横浜市青葉区の激戦に見る、有老ホームのサバイバル戦略

 横浜市青葉区は丘陵地に発展したニュータウンだ。介護保険制度のスタート以降、この地で有料老人ホームが急増している。現在、同区にある介護付き有老ホームの数は計23施設に上り、入居者獲得争いがし烈を極めている。なぜ青葉区が最激戦地となったのか。その背景をまとめるとともに、実際のホーム運営の事例から競争を勝ち抜くための戦略を探った。

Report
 外部医師招へいの専門外来で集患力アップ
 診療機能の向上図り地域のニーズに応える

 認知症ケアはチーム医療が要、秋田・久幸会のプログラムに学ぶ
 医療法人久幸会理事長・稲庭千弥子

インタビュー
 医療法人社団カレスアライアンス理事長・西村昭男氏
 事業拡大は「目的」ではなくニーズに応えた「結果」にすぎない

 詳しくは、日経ヘルスケア21の10月号(10月8日発売)をお読み下さい。

 定期購読は、オンラインでもお申し込みいただけます。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 手代木社長に聞く、ゾフルーザの出荷調整の理由 厚労省発表では、ゾフルーザの供給量は約40.8万人分 FBシェア数:91
  2. 釣り針が刺さったら糸1本でポーン!と抜こう EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:72
  3. インフルエンザ診療に迅速検査キットは必要? 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」 FBシェア数:226
  4. 「お楽しみ程度の経口摂取を」で本当にいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:220
  5. 意思を確認できない患者の情報はどこまで開示可能? 特集◎これってコンプライアンス違反?《8》家族への情報開示 FBシェア数:10
  6. 腹部エコーが「難しい」と感じるのはなぜか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:24
  7. ガイドラインが変わり過ぎる米、変わらない日本 記者の眼 FBシェア数:120
  8. アドレナリンが効かなかったワケ アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり FBシェア数:147
  9. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:270
  10. やる? やらない? 事務部門の外部委託 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正