2005.10.18

PPI服用中に生じた起床時の胸焼け(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年10月号から、「服薬指導」を紹介します。テーマは「PPI服用中に生じた起床時の胸焼け」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 胃食道逆流症(GERD)のため内科診療所に通院している40歳の男性Sさんが受診の帰り道に薬局を訪れました。処方が変更されていたので確認すると、Sさんは次のような質問をしました。

 以前からオメプラールという薬を飲んでいてよく効いていたんですが、最近、朝起きた時に胸焼けや胃のむかつきを感じるようになりました。先生にそう話すと、「胃酸を抑える薬をもう1種類出しましょう」と言われました。でも、同じような胃薬を2種類飲むより、今飲んでいる薬をもう1錠夜に飲めばいいんじゃないですか?

◆処方せん
(1) オメプラール錠20 1錠
   1日1回 朝食後 14日分
(2) アシノンカプセル75 2Cap
   1日2回 朝食後、寝る前 14日分
*今回から、アシノン(一般名:ニザチジン、H2受容体拮抗剤)が追加された。

Q Sさんの「朝の胸焼け」の原因として、最も可能性が高いと考えられるものはどれか。
(1) 消化性潰瘍を併発するなど胃幽門部に異常を来し胃排出能が低下すると、オメプラール(一般名:オメプラゾール、PPI)が胃内で長時間強酸に曝露され、小腸で吸収される前に失活するため、胃酸が逆流しやすくなる。
(2) H.pylori感染で胃粘膜が萎縮している場合、オメプラール服用中でも夜間に胃内pHが上昇しないため、胃酸が逆流しやすくなる。
(3) 胃酸分泌能が亢進しているH.pylori非感染者ではオメプラールを服用しても、胃酸を中和する摂取物が存在しない夜間は、少量の胃酸分泌でも胃内pHが低下し、胃酸が逆流しやすくなる。

*答えは本誌2005年10月号(Premium)をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

-----------------------------------------------------
◆日経ドラッグインフォメーションの読者の方へ
 10月号の「薬局の足を引っ張る規制の数々」はお読みいただけましたでしょうか。
 記事中で取り上げた五つの規制について現在、webアンケートで皆様のご意見をうかがっております。URLは以下です。今後の企画に反映させていきたいと思います。ぜひご協力ください。(井上俊明、医療局編集委員)
http://webres.nikkeibp.co.jp/user/INO0926.html

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1479
  2. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:72
  3. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:298
  4. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:305
  5. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  6. わかるけど…な服薬指導 病院珍百景 FBシェア数:36
  7. NSAIDではジクロフェナクのMACEリスクが高… BMJ誌から FBシェア数:74
  8. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:66
  9. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:57
  10. COPD患者に対するデキサメタゾンは高山病を予防… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:41
医師と医学研究者におすすめの英文校正