日経メディカルのロゴ画像

2005.10.18

GSK社がインフルエンザワクチンとザナミビル増産に20億ドル投資、H5N1ワクチンは2006年にも臨床試験を開始 

 英GlaxoSmithKline社(GSK社)は、インフルエンザワクチンの製造能力拡大と抗インフルエンザ薬ザナミビル(商品名:Relenza)増産のため20億ドルの投資に踏み切った。10月14日に出したインフルエンザの世界的な流行(パンデミック)に対する準備状況に関する声明の中で明らかにしたものだ。

 ザナミビルは、オセルタミビルと同じく、ノイラミニダーゼ阻害作用により、抗インフルエンザ作用を発揮する製品。わが国ではオセルタミビルが圧倒的なシェアを誇っているが、ベトナムの患者からオセルタミビル耐性のH5N1ウイルスが分離されたことが明らかになっており、今後、ザナミビルの需要が高まる可能性がある。

 GSK社は政府や国際機関のパンデミックに対する計画に合うよう、ザナミビルの製造能力を拡大するために投資を行っているとしている。

 GSK社はワクチン製造設備の拡充に加え、H5N1に対するパンデミックワクチンのプロトタイプの開発を進めていることも明らかにした。このプロトタイプワクチンはワクチンに対する生体反応を高め、使用量が少なくて済むアジュバントを使用している。投与量が少なくて済むことは、パンデミックが発生したときに重要になると考えられている。また、開発中のワクチンはH5N1変異株に対しても防御効果を発揮できる可能性があるという。H5N1ワクチンの臨床試験は2006年に開始される予定だ。(横山勇生)