2005.10.12

バイエル、塩酸モキシフロキサシンの輸入承認を取得、塩野義が販売

 バイエル薬品は10月11日、ニューキノロン系抗菌剤塩酸モキシフロキサシン(商品名:アベロックス)の輸入承認を取得したと発表した。薬価収載後の12月中旬に発売する見通しだ。塩酸モキシフロキサシンは、レスピラトリーキノロンとして、呼吸器感染症の主要な原因菌に対して抗菌力を発揮する。ドイツBayer Healthcare社によって開発され、1999年に欧州と米国で最初に承認された。現在、世界85カ国以上で4000万人を超える感染症患者に使用されている。わが国ではバイエル薬品が2002年9月に申請していた。

 塩野義製薬はバイエルから塩酸モキシフロキサシンの日本国内での独占的販売権を獲得しており、販売を担当する。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 初期研修は地方ですべし 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:119
  2. パーキンソニズムの定義変更、早期からL-ドパを トレンド◎パーキンソン病ガイドラインが7年ぶりに改訂 FBシェア数:186
  3. 専攻医募集で総合診療が「惨敗」、その理由は? 記者の眼 FBシェア数:2
  4. ベンゾ長期処方が大幅減額、その対策は? リポート◎診療報酬改定で向精神薬処方がしにくくなる!? FBシェア数:16
  5. 学会のスライド撮影禁止はいつまで? 記者の眼 FBシェア数:21
  6. 医師は金遣いが荒すぎる! Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:2
  8. 東京医科大の不正入試問題は氷山の一角? 記者の眼 FBシェア数:116
  9. マイスリーの一発アウトにご注意を!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:0
  10. 抗不安薬:長期処方で減点もデパス人気変わらず NMO処方サーベイ FBシェア数:53
医師と医学研究者におすすめの英文校正