日経メディカルのロゴ画像

2005.10.11

エーザイが米企業と遅発性アルツハイマー病の原因遺伝子発見で新たに提携

 エーザイと米TorreyPines Therapeutics社は10月11日、2002年10月に両社が締結した遅発性アルツハイマー病の原因遺伝子発見に焦点を当てた研究契約の終了に伴い、新たに契約を締結したと発表した。

 今回の契約で、これまでの研究で明らかになった候補遺伝子の中から、アルツハイマー病発症に関与する遺伝子を同定するとともに、βアミロイド仮説などのような既知の発病仮説にとらわれない、アルツハイマー病発症関連遺伝子の全体像を明らかにする網羅的な探索を行う。エーザイは、TorreyPines社の研究で同定された創薬標的に対して、第1次交渉権と第1次拒否権を持つことになる。

 TorreyPines社は、中枢神経系の疾病や障害を治療する低分子の医薬品の探索、開発、事業化に特化した製薬企業。片頭痛、神経因性疼痛やアルツハイマー病等神経変性疾患の治療薬の開発に注力している。(横山勇生)