日経メディカルのロゴ画像

2005.10.11

インドの日本脳炎、死者1000人に、ネパールと合わせ発症者は6000人超える

 インドにおける日本脳炎の流行は依然として拡大しており、大きな被害が出ている。世界保健機関(WHO)の東南アジア事務局(SEARO)が発表した流行状況報告によると、10月1日までに、1億6000万人とインド最大の人口を擁するUttar Pradesh州を中心に発症者は4520人、うち死亡者が969人に達している。致死率は21.3%と高い。発症者のうち4204人はUttar Pradesh州、293人はUttar Pradesh州の東に隣接するBihar州で発生している。

 隣国ネパールでも感染は拡大中で、9月27日までに1879人が発症、うち298人が死亡している。致死率は15.9%に達した。両国を合わせた発症者は6000人を超えた。現地の保健当局は、日本脳炎を媒介する蚊の駆除と蚊帳の配布に注力している状況だ。(中沢真也)