2005.10.11

インドネシアで5人目のH5N1感染が確定

 世界保健機関(WHO)は10月10日、インドネシア保健省が、同国で5人目のトリインフルエンザ(H5N1)発症者を確認したと発表した。患者は、首都ジャカルタに近いスマトラ島西南端のLampung郡在住の21歳の男性で、9月20日に発症、同月24日に入院した。なお入院中だが、症状は安定している。調査の結果、この男性は発症直前に、自宅で死亡、あるいは発病している鶏に直接接したことが明らかになっているという。インドネシアでは、これまでにH5N1感染が確認された5人のうち、3人が死亡している。

本件についてのWHOの感染症流行速報「Avian influenza−situation in Indonesia−update 32」はこちらで閲覧できる。(中沢真也)


■ 関連トピックス ■
◆2005.10.2 インドネシアで、4人目のトリインフルエンザ感染を確認、57人が感染疑い
◆2005.9.27 インドネシアで3例目、8歳男児がトリインフルエンザ発症
◆2005.8.8 ベトナムで3人がH5N1感染、2人が死亡、WHOが発表
◆2005.8.4 新型インフルエンザの流行阻止は抗ウイルス剤の迅速投与がカギ
London大などがタイ想定したモデル研究をNatureに発表

◆2005.7.1 H5N1の市中感染示唆する検査データ、WHOベトナム調査チームが把握
確証得られれば、流行警戒レベル上げも



Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正