2005.10.04

A型ボツリヌス毒素の日本と中国の開発・販売権がGSK社に移管

 英GlaxoSmithKline社(GSK社)と米Allergan社は10月3日、Allergan社が販売している医療用医薬品「ボトックス」(一般名:A型ボツリヌス毒素)の日本と中国における開発・販売権をGSKに供与すると発表した。日本においてはグラクソ・スミスクラインが公正取引委員会の承認を取得次第、「ボトックス」の開発権・販売権を取得する。

 「ボトックス」は、ボツリヌス菌から抽出された精製たんぱく質製剤。筋肉の収縮を引き起こす神経伝達物質を阻害することで筋肉の動きを低下させる。患部に直接数回注射して使用する。現在「ボトックス」は、日本では眼瞼けいれん、片側顔面けいれん、痙性斜頸を対象に認可されている。アラガンが国内で販売している「ボトックス」のみで約40億円の売上高がある。アラガンの社員には、グラクソ・スミスクラインへの入社に応募する選択肢が提示される。アラガン社員を入社させることで、「ボトックス」の開発権と販売権の譲渡が円滑に行われることをグラクソ・スミスクラインは目指す。

 GSKは、日本と中国における中枢神経系分野での強みを生かし、「ボトックス」の新たな適応症の開発を加速させるとしている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 生後2カ月男児。背部腫瘤 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  2. 棺桶に入るまでにやりたいことリスト (前編) テクノ アサヤマの「今日がいちばんいい日」 FBシェア数:56
  3. 医師が頼れる「デキる事務職員」はこう育てる 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:111
  4. 10連休における医療提供体制の確保を速やかに トレンド(DIオンライン) FBシェア数:222
  5. 麻疹患者、大阪市で開催のAKB48握手会に参加 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:191
  6. 【レッスン5】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:29
  7. 救急診療で鑑別診断と同じくらい大切なこと 「医療」ってなんだっけ FBシェア数:0
  8. ユリーフが躍進、ハルナールを抜き首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:49
  9. 「老衰」って何だろう? 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part III FBシェア数:144
  10. 周術期のヘパリンブリッジはもういらない? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:227
医師と医学研究者におすすめの英文校正