2005.10.04

シーメンス旭メディテック、6列CT「biograph 6」を販売開始 

 シーメンス旭メディテック(本社:東京都品川区)は9月29日、6列のCT(断層撮影装置)検出器を融合させた「biograph 6」(バイオグラフ シックス)の国内販売を開始したと発表した。この新機種はPET(陽電子放射断層撮影装置)部に新開発の高分解能型検出器を搭載しており、微小病変でも鮮明な画像化が可能という。今回のbiograph 6の販売により、同社のPET/CTスキャナbiographシリーズは2列、6列、16列CTの3機種になる。biograph 6の定価は13億7000万円からで、年間60台の販売目標を立てている。

 Biographシリーズは、PET部に搭載されている検出器にLSOというクリスタルを採用しており、より短時間で多くの放射線を計測できる。さらに、薬剤投与量を抑えてもその効果が得られることから、薬剤投与量5mCi、検査時間10分という低被ばく・短時間検査が可能なことが特徴。LSOクリスタルは、従来機(1ブロックあたり64個)の3倍近い1ブロックあたり169個、総クリスタル数2万4336個で構成しており、空間分解能の向上を実現している。スライス間隔は2mmと狭くなっており、これらにより精密な撮影が可能。以前では発見できなかった小さな病巣や頭部の診断に効果を発揮するという。(星野康)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正