2005.09.30

編集後記

 札幌で行われた第64回日本癌学会のテーマは「より個別的な治療を目指して」でした。がん種ごとに個別化医療のシンポジウムが設けられ、個別化医療に焦点をあてた熱い議論が数多く行われました。基礎研究発表が多い例年の癌学会に比べて“臨床”を意識した、研究発表が多いように感じました。また、企業関係者も数多く参加しているようでした。今まさに医療現場で個別化医療への流れが大きくなりつつあることを感じさせられた今年の癌学会でした。

 来週には第43回癌治療学会が名古屋で開催されます。こちらのテーマは「信頼されるがん医療への道」。今、国民から求められているがん医療とそのあり方が討論されることになっています。学会会場から速報して参る予定です。ご期待ください。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「主治医は替えません」その言葉で覚悟を決めた シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:140
  2. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  3. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:24
  4. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:246
  5. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:170
  6. 医療費や死亡率に出身大学による差はない BMJ誌から FBシェア数:112
  7. ステージ4肺癌+癌性リンパ管症患者の大冒険 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:54
  8. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:169
  9. 訪問看護でつい考えてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:95
  10. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正