日経メディカルのロゴ画像

2005.09.30

都神経研、免疫学研究の学術シンポジウムを10月28日開催

 東京都神経科学総合研究所は、免疫学研究の最新の成果を紹介する学術シンポジウム「免疫2005 基礎研究から臨床応用へのアプローチ」を10月28日に開催する。参加は無料。開催概要は以下のとおり。

日時:10月28日(金) 13時から18時まで。
会場:新宿明治安田生命ホール
プログラム:
 「イントロダクション 免疫システムの紹介」水野一也氏(都神経研)
 「自己・非自己識別システムMHCの起源と多様性」笠原正典氏(北海道大学大学院)
 「C型肝炎ウイルスの基礎研究と新たな治療法開発の展望」脇田隆字氏(都神経研)
 「自己免疫疾患に対する疑似ケモカイン受容体遺伝子療法の試み」松本陽氏(都神経研)
 「抗腫瘍エフェクター機序」八木田秀雄氏(順天堂大学)
 「自己免疫性関節炎の発症におけるサイトカインの役割」岩倉洋一郎氏(東京大学医科学研究所)
 「アレルギーとマスト細胞活性化の制御」羅智靖氏(日本大学大学院)
定員:先着300人

 本件についての東京都のプレスリリースは東京都Webサイトのこちらで閲覧できる。(中沢真也)


*イベントやセミナーの予定は変更される場合があります。必ず主催者側の最新情報を確認してお出かけください。