日経メディカルのロゴ画像

2005.09.28

ED治療薬成分入り健康食品で健康被害、大阪府が製品名公表

 大阪府は9月28日、府内に販売元がある健康食品から、勃起不全(ED)治療薬の成分であるタダラフィルが検出されたとして、ホームページで製品名などを公開、注意喚起を行っている。

 医薬品成分が検出されたのは、大阪市の販売業者ドリーム直販が通信販売している「スーパーゴング」。スッポン加工品を標榜している。今年8月下旬、「同製品を使用したところ、動悸、顔のほてり、頭痛を起こした」と、健康被害を訴える匿名の通報があった。このため、大阪府が同製品を買い上げて府立公衆衛生研究所で検査した結果、タダラフィルが検出されたもの。

 大阪府では、ホームページ(http://www.pref.osaka.jp/yakumu/ryutsu/harmful/houdou1.htm)を通じて府民に使用中止と、健康被害が疑われる場合の医療機関受診を呼びかけているほか、販売業者に対し、薬事法違反だとして、販売中止と回収などを指導した。

 本件についての大阪府のプレスリリースは、大阪府Webサイトのこちらで閲覧できる。(中沢真也)