日経メディカルのロゴ画像

2005.09.22

【日本心臓病学会速報】 長時間作用型ループ利尿薬、短時間作用型に対し有意に慢性心不全の予後を改善−−動物実験で確認

 長時間作用型ループ利尿薬は、短時間型に比べて、慢性心不全の予後を有意に改善することが報告された。ダール食塩感受性ラットを使った動物実験で明らかになったもので、9月20日の一般講演で大阪大学の西尾まゆ氏が発表した。

 西尾氏らは、長時間作用型ループ利尿薬と短時間型の予後改善効果が必ずしも明らかになっていないことから、長時間作用型ループ利尿薬であるアゾセミド(以下AM)と短時間作用型であるフロセミド(以下FM)が心不全の予後に与える影響を検討した。

 実験には収縮不全モデルであるダール食塩感受性ラットを用い、8週齢から高食塩食を与え、代償性肥大期である21週齢にAM80mg/kg/日投与群(23例)、FM40mg/kg/日群(23例)、無投薬(HE)群(16例)の3群に無作為に分け、それぞれの予後効果を評価した。投与量は予備実験をもとに、血圧に与える影響が同程度になるように設定している。

 その結果、AM群ではHF群に対して有意に生存率を改善したが、FM群では有意な改善を見なかった。45週齢では、AM群が生存率40%以上だったのに対し、FM群、HE群とも0%だった(AM群とFM群、HE群との有意差はp<0.05)。

 研究グループは、長時間型と短時間型の予後改善効果の違いについても分析を試みたが、「両者の交感神経活性に与える影響の差に基づく可能性がある」(西尾氏)と考察した。心筋組織中のノルエピネフリンの枯渇が、長時間型の投与で改善を認めたことが根拠のひとつになっている。(三和護、医療局編集委員)