2005.09.16

“女性の味方”大豆イソフラボンに美肌効果 キッコーマンがシワ改善効果をヒトで確認

 キッコーマンは、大豆イソフラボンが、女性ホルモンの分泌の低下が原因で起こる皮膚のシワや弾力の低下を予防、改善する効果があることをヒトでの臨床試験で確認した。

 肌への影響については、これまで試験管や動物実験で、メラニン生成抑制やコラーゲン生成促進などの効果が確認されていたが、「ヒトでの試験は報告されていなかった」(キッコーマン・バイオケミカル事業部の有井雅幸・機能性食品グループ長)という。

 同社は、発酵技術で腸や胃での吸収が良い「アグリコン型」と呼ばれる大豆イソフラボンを使って試験を行った。

 目尻に深いシワや細かいシワがあり、目の下のたるみが気になる30代後半から40代前半の26人の女性を群に分け、一方にはアグロコン型イソフラボンを1日40mg、もう一方にはプラセボ(偽薬)食品を3カ月間食べてもらった。

 シワのレプリカ(複製)を取って、シワ面積の変化を調べたところ、3カ月後にプラセボ群に対して有意にシワ面積が減少した。また、目の下の皮膚の弾力性を調べたところ、2カ月後に有意に弾力性変化率が改善した。

 大豆イソフラボンは、骨粗しょう症やのぼせ、月経前症候群(PMS)など、女性ホルモンのバランスの崩れに伴う不調を予防、改善する成分として知られているが、今後は、更年期が原因の肌老化の対策成分としても注目を集めそうだ(黒住紗織、日経ヘルス)。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:322
  2. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:31
  3. 76歳女性。体幹・四肢の丘疹と結節 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. コカイン中毒――中毒診療で心に留めておきたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:57
  5. 23領域のサブスペシャルティ認定の堅持目指す NEWS FBシェア数:0
  6. 「ACP取りました!」「グッジョブ!」とならない… 米国で学び、働く!あめいろぐ便り for Nurse FBシェア数:136
  7. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:526
  8. 「人生ライフ向上塾!」総選挙結果発表!! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:12
  9. 論文掲載を狙いたい「バリュー雑誌」 市中病院からトップジャーナルを狙おう! FBシェア数:78
  10. 「起き上がってベッドサイドに座れますか」 実践!医療英語「このフレーズ、英語で何と言う?」 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正