日経メディカルのロゴ画像

2005.09.15

【日本癌学会速報】 血小板増殖作用持つ低分子化合物の創製、日産化工がin vivoで成功

 日産化学工業は、ヒトトロンボポエチン(TPO)アゴニスト作用を持ち、実際にin vivoでヒト血小板を増加させることができる合成低分子化合物NIP-004の創製に成功した。同社の生物科学研究所医薬研究部薬理グループ副主任研究員の中村隆典氏らが、9月14日から16日に札幌市で開催された日本癌学会で発表した。

 NIP-004は、比較的安価に生産できる低分子化合物であるため、有力な血小板増殖剤候補といえる。海外では、英GlaxoSmithKline社が開発中の低分子TPO受容体アゴニストがあるが、国内からも候補化合物が登場したことになる。

 研究グループはまず、in vitroの実験で、NIP-004がヒトTPO受容体に特異的にアゴニストとして作用することを見出した。NIP-004はTPO依存性細胞株であるUT7-TPO細胞とUT7-EPO/hTPOR細胞の増殖を濃度依存的に刺激した。NIP-004はヒトTPO受容体を介して細胞内のSTAT5を活性化したが、マウスのTPO受容体には作用しなかった。さらにNIP-004は、ヒト骨髄由来のCD34陽性造血幹細胞を巨核球に分化誘導できた。

 次に研究グループは、in vivoの実験でNIP-004に実際に血小板増殖作用があることを確認した。2.4GyのX線を照射した免疫不全マウスに臍帯血由来CD34陽性細胞を1×10の5乗個移植したマウスに体重1kgあたり1日30mgのNIP-004を皮下に投与した。その結果、2週間から5週間でヒト血小板数が投与前の値の4〜6倍になることを確認した。血小板増殖作用はマウスの血小板では起きなかった。(横山勇生)