日経メディカルのロゴ画像

2005.09.14

HMTと中外製薬、肝疾患と腎疾患にかかわるバイオマーカー探索で共同研究契約を締結

 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)と中外製薬株式会社は9月14日、肝疾患と腎疾患に関するバイオマーカー探索について、共同研究契約を締結したと発表した。

 今回の合意に基づいて、両社はHMTが開発したメタボローム(生体内全代謝物)解析法を活用して、肝疾患と腎疾患にかかわるバイオマーカー探索を行う。HMTは、慶應義塾大学環境情報学部と同大学先端生命科学研究所教授の冨田勝氏、助教授の曽我朋義氏らが、同研究所のメタボローム測定・解析技術をベースに設立した慶應義塾大学発のバイオベンチャー企業。(横山勇生)