日経メディカルのロゴ画像

2005.09.13

日本移植者協議会など、臓器移植や骨髄移植に関連した市民イベントを9月末開催

 NPO法人の日本移植者協議会と全国骨髄バンク推進連絡協議会、日本移植者スポーツ協会などは、9月23日から26日にかけて、臓器移植や骨髄移植についての市民フォーラムやスポーツ大会、移植者などによる作品展を開催する。

 9月23日、24日には、日本移植者協議会と日本移植者スポーツ協会の主催で、第14回全国移植者スポーツ大会が開催される。東京都内の複数会場で、陸上競技、水泳、テニスなどのほか、ゴルフ、ボウリングなどさまざまな競技会が行われる。概要は次のとおり。

●第14回全国移植者スポーツ大会の概要
参加資格:臓器、骨髄、角膜移植者と移植希望者。ドナーファミリーもゲストとして参加できるほか、家族や一般もオープン競技には参加できる。
開催日時・会場:
9月23日
 ゴルフ(昭和の森クラブ)、ローンボウルス(国営昭和記念公園)、ボウリング(高田馬場BIGBOX)

9月24日
 水泳、テニス、バドミントン、卓球、ダーツ(いずれも国立オリンピック記念青少年総合センター)
 陸上競技(東京都立代々木公園陸上競技場)

 併催で、12歳以下の移植者の競技会として、ノバルティス ファーマが主催する「ノバルティス ギフト・オブ・ライフ カップ」が行われる。競技種目は、水泳、卓球、陸上、ボウリング、ダーツ、立ち幅跳びなど。これにはアジア、オセアニアから10組20人を招待し、国際交流大会となっている。

 9月23日から9月26日までは、日本移植者協議会と全国骨髄バンク推進連絡協議会が主催して、東京・千代田区の東京国際フォーラム(ガラス棟地下1F)で、移植を受けた子どもたちや、白血病で亡くなった子どもたちの作品展「素晴らしき贈りもの」が開催される。作品としては、臓器移植を受けた子どもたちの絵画や作文、詩や、白血病で亡くなった子どもの作品やメッセージ、骨髄移植の移植者と提供者の間で交わされた手紙などが展示されるという。

 9月25日には、日本移植者協議会と全国骨髄バンク推進連絡協議会の主催で、市民フォーラム「素晴らしき預かりもの」が開催される。「命の大切さ、生きることの素晴らしさ」がテーマ。概要は次のとおり。

●市民フォーラムの概要
日時:9月25日午後1時30分〜4時30分
会場:東京国際フォーラム(B棟7)
プログラム:
第1部