日経メディカルのロゴ画像

2005.09.12

味の素の骨粗鬆症治療薬「アクトネル」の販売会社、 アベンティスからエーザイに変更 

 アベンティス ファーマ、エーザイ、味の素の3社は9月9日、味の素が日本で製造販売承認を受け、アベンティスが販売する骨粗鬆症治療薬「アクトネル」(一般名:リセドロン酸ナトリウム水和物)の販売会社を10月1日からエーザイに変更することで合意したと発表した。

 アクトネルは、各種ビスフォスフォネート製剤の中で大規模臨床試験で、臨床椎体骨折と非椎体骨折の発生頻度抑制が6カ月という早期から認められている唯一の製剤だという。また、大腿骨頸部骨折発生頻度を主評価項目とした大規模臨床試験で有効性が確認された唯一の薬剤でもあるとしている。現在、世界92カ国で承認されている。(横山勇生)