2005.09.09

寒天オリゴ糖の抗炎症作用は一酸化炭素産生酵素の発現促進による 

 タカラバイオは、寒天の主要多糖成分であるアガロースから生成される「アガロオリゴ糖(寒天オリゴ糖)」の抗炎症効果は、一酸化炭素産生酵素で抗酸化作用や抗炎症作用があるヘムオキシゲナーゼ1(HO-1)の発現を促進させることで発揮されていると発表した。

 さらに寒天オリゴ糖には炎症の発熱や痛みを引き起こすプロスタグランジンE2(PGE2)の産生抑制効果もあるが、この効果はPGE2の合成に関与するシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)とプロスタグランジンE合成酵素そのものを阻害するのではなく、両酵素の遺伝子発現を抑制することで効果を発揮していることも見出した。どちらもin vitroの実験で確認したもので、成果の詳細は9月14日から16日に札幌市で開催される日本癌学会で発表される。

 寒天オリゴ糖の効果がHO-1の発現促進によるものであることを確認した実験は、マウスマクロファージ細胞株Raw264.7を用いて行われた。Raw264.7ではリポポリサッカライドの刺激による一酸化窒素(NO)、PGE2の産生をアガロオリゴ糖は抑制する。この系にHO-1にの発現を抑制するsiRNAを添加したところ、アガロオリゴ糖によるHO-1誘導が抑制され、またNO産生抑制作用も阻害された。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1175
  2. 精神病院のいまとこれから 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:64
  3. 自らの「診断エラー」に真正面から対峙せよ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:83
  4. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:303
  5. かつてない異常気象が縦隔気腫の原因に? 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:13
  6. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:145
  7. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 入院させたがる精神科医に抱く疑問 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:114
  9. 緩和ケア病棟は「死ぬまでの間を生きる場所」 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:103
  10. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:273
医師と医学研究者におすすめの英文校正