2005.09.06

「リン酸化酵素を標的にした抗がん剤の開発目指す」 英国がん治療センター所長が開発目標を明らかに 

 英国がん治療センター所長でLondon大学薬理学・治療学部教授のPaul Workman氏は、9月7日に横浜市で開催されるバイオジャパン2005英国セミナーで、特にがんに関連したリン酸化酵素を標的にした治療薬の開発について現状を説明することを明らかにした。Workman氏は英Astrazeneca社でgefitinib探索プロジェクトの生物学チームをリードした人物だ。

 Workman氏らは、がんに多くのリン酸化酵素が関与していることから、リン酸化酵素に焦点を当てて開発を進めている。変異を起こして活性化したリン酸化酵素が細胞のがん化に作用していることから、それらの酵素を阻害する低分子化合物の開発を進めている。

 そのうちの1つがBRAFの阻害剤。Workman氏らは2002年に、悪性黒色腫の70〜80%、大腸がんの15〜20%で、BRAFの特定部位に突然変異を起こしていることを見つけた。現在、阻害薬候補をいくつか見つけているという。英Astex Therapeutics社と共同開発を進めている。

 このほか、PKB、PI3キナーゼ、CDKなどについても低分子阻害剤の開発を進めている。PKBについては、Astex社と提携しているほか、約1カ月前にAstrazeneca社とも提携しているという。変異を持ったPI3キナーゼ阻害剤については、英PIramed社を2003年に設立し、開発を進めているという。またCDK阻害剤については英Cyclacel社と共同開発を行っており、seliciclib (CYC202)という化合物がフェーズ2試験に入っているという。

 キナーゼの活動を助けるシャペロンであるHSP90の阻害剤の開発も進めている。米Kosan社とはGeldanamycinの誘導体である17AAGの開発を共同で進めている。また別に阻害剤のスクリーニングも行っており、ジアシルピラゾールという化合物を同定、英Vernalis社と共同で開発を進めているという。

 Workman氏らは2002年にChroma Therapeutics社を設立、ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)やオーロラキナーゼの阻害剤の開発も行っている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「発光する」鈎、暗い術野を明るく照らす トレンド【動画付き】◎小切開手術に役立つコードレス鈎 FBシェア数:181
  3. 「暴れる患者」をどうしていますか? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:73
  4. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:316
  5. 銀杏の食べ過ぎで小児が痙攣を起こす理由とは 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:69
  6. 風疹の流行、首都圏から全国へ拡大か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:49
  7. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1349
  8. 糖尿病、5つの危険因子の管理でイベント増えず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:151
  9. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  10. 自院のHP、「記載内容の限定解除」って何? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正