日経メディカルのロゴ画像

2005.09.05

【欧州心臓病学会速報】 スウェーデン・ストックホルムで欧州心臓病学会始まる

 スウェーデンの首都ストックホルムにある国際会議場で9月3日、第27回欧州心臓病学会(ESC)の学術集会が開幕した。7日までの5日間にわたって開催される。初日の3日は、ESCが重視する教育セッションがほぼ全日にわたり開催された。

 初日の事前参加申込者は1万6126人で、昨年の1万6627人をやや下回っている。とはいえ、83カ国から演題の応募があり、事前登録による参加申込者の約15%は日本や中国、米国、ブラジルなど、欧州以外の地域から。同学会に対する関心の広さを裏付けているといえそうだ。

 最終的に9028題に上った応募演題のうち、厳選された2985題が発表される。うち、ポスター演題は1710題に上り、このうち心血管系の画像診断や基礎研究に関する453題は、インターネット上のデータベースに公開される「e-ポスター」という形式をとる。これは、応募演題中の基礎研究に関する演題の割合が、昨年の16%から27%に増加し、基礎研究への関心が高まっていることと、画像を参加者に広く公開する狙いがあるという。

 会場はストックホルム中心部に近く、交通の便の良い場所にある。既に平均気温は約15度と涼しくなっており、ジャケットやコートを手にした参加者も多い。(小又理恵子)