日経メディカルのロゴ画像

2005.09.02

【患者さんのための情報サイト「がんナビ」から】 患者向け図書室 使いこなせば強い味方に

患者が医療情報を得るための図書室を開設する病院が増えています。図書室は、“情報戦”であるがんとの闘病に強い味方となります。患者向け図書室の開設支援と研究を行う和田さんに、活用術をアドバイスしてもらいました。

いいなステーション代表 和田ちひろさん
和田 ちひろさん顔写真

 自分の病気や治療法を理解するうえで、医師からの説明以外に、一般向けあるいは医師向けに書かれた本や雑誌の記事は非常に役立ちます。また、がんであることを告げられ、どう気持ちを整理していいか分からないとき、闘病記を読んで救われたという方は少なくありません。

 ただ、書店や公共図書館に置かれている医療関係の本は限られています。そこで、患者さんが必要とするであろう情報を収集し、院内に患者向け図書室を設置するところが増えてきました。いいなステーションの調査では、2005年8月現在、こうした図書室が全国57病院にあります。

 病院内での患者さんへの学習の場の提供は、1997年、京都南病院(京都市)で始まりました。当時、職員のための図書室を地域住民にも開放したのですが、その取り組みが徐々に全国へ広がっていった経緯があります。

 患者向け図書室のタイプとしては主に、(1)職員向け図書室を患者に開放した(2)職員向けのものとは別に、新たに患者向け図書室を開設した(3)専用の部屋はなく、時間・曜日を決めて仮設の図書コーナーを設置の3種類あります。<<続く>>

全文はこちらでお読みいただけます。

がんナビのトップページはこちら