日経メディカルのロゴ画像

2005.09.02

手首にセンサー部を巻くだけで計測できる 血圧脈波測定器、オムロンヘルスケアが発売

 オムロンヘルスケアは、循環器系疾患の指標の「AI値」を簡単に測定できる「オムロン血圧脈波検査装置AI「HEM-9000AI」を、9月7日から医療機関向けに発売する。

 脈波は、心臓の収縮時に発生する「駆出波(P1)」と、駆出波が末梢血管や動脈の分岐部で反射で発生する「反射波(P2)」で構成される。AI値は、駆出波と反射波の比率のことで、AI=P2/P1で求められる。血管の硬さを調べるのに有効な値だ。

 これまでにも脈波計測装置はあったが、医師が橈骨動脈を探し出し、そこにペン型のセンサーを押し付けて計測する方式など、使いこなすのに慣れが必要だった。HEM-9000AIでは、センサー帯を被験者の手首に巻きつけてボタンを押すだけで脈波を計測し、AI値を測定する。オムロンヘルスケアによると、自動でAI値を測定できる装置は、HEM-9000AIが世界で初めてだという。

 HEM-9000AIでは、患者の「氏名」「生年月日」「性別」「身長」「体重」「メモ」などのデータをAI値や、脈波のデータとともに記録できる。本体の外形寸法は、幅240×高さ260×奥行き235mm、脈波センサユニットが幅140×高さ55×奥行き60mm、脈波計測ユニットが幅170×高さ145×奥行き315〜410mm。価格は157万5000円。

 販売は、オムロンヘルスケアの関連会社コーリンメディカルテクノロジーが行う。

 この件のプレスリリースは、こちらから入手できる。(田村嘉麿)