2005.08.31

エーザイ、正常細胞の分化に影響しないアルツハイマー病治療薬の候補物質を同定 

 エーザイはアルツハイマー病の原因とされているアミロイドβペプチド(Aβ40、Aβ42)の産生に関わるγ−セクレターゼの機能を修飾する(モジュレーター)E2012の同定に成功した。

 アミロイド前駆たんぱく質はβ−セクレターゼ、γ−セクレターゼによって切断を受ける。γ−セクレターゼによって生じるAβ40、Aβ42がAβの凝集を起こし神経細胞障害・細胞死につながりアルツハイマー病になると考えられている。

 そのため、アルツハイマー病治療薬として、γ−セクレターゼを阻害する薬剤の開発が進められているが、今までのγ−セクレターゼ阻害剤の開発では、Notchプロセッシングを抑制して、正常な細胞の分化にも影響を与えてしまうことが問題とされている。

 エーザイはオリジナルリード化合物から、複数のシード化合物を発見、周辺化合物の多次元評価、リード化合物の最適化をすることで、Notchシグナルに影響せず、γ−セクレターゼの活性を抑えるE2012の同定に成功した。アルツハイマー病の原因療法薬になる可能性がある化合物だ。成果は8月30日に開催された同社のR&Dミーティングで公表された。

 E2012は、現在臨床導入に向けた原薬スケールアップ合成と安全性試験の準備が進められている。2006年3月に米国での治験申請を計画している。経口投与で効果を発揮する化合物でin vivoモデル動物への経口投与でAβ40とAβ42の産生を抑制できることが明らかにされている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1175
  2. 精神病院のいまとこれから 医療マンガ・ドラマの裏話を教えます! FBシェア数:64
  3. 自らの「診断エラー」に真正面から対峙せよ イケてる指導医が研修医に伝えたいこと FBシェア数:83
  4. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:303
  5. かつてない異常気象が縦隔気腫の原因に? 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:13
  6. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:145
  7. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  8. 入院させたがる精神科医に抱く疑問 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:114
  9. 緩和ケア病棟は「死ぬまでの間を生きる場所」 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:103
  10. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:273
医師と医学研究者におすすめの英文校正