日経メディカルのロゴ画像

2005.08.25

カルピス、Lカルニチン入りの茶飲料 ダイエットしたい30代以上向けに発売

 カルピスは、Lカルニチン入りのペット茶飲料「ファインサポート カルニチン茶」(350mL入り、168円)を、9月12日から全国のコンビニエンスストアや量販店、ドラッグストアで販売する。

 ウーロン茶をベースに緑茶とほうじ茶をブレンドした茶飲料で、1本にLカルニチンを500mg含む。

 Lカルニチンは、筋肉や心臓に多く含まれるアミノ酸の一種。体内の脂肪酸は、細胞内のミトコンドリアで燃焼されるが、このとき脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ働きをするのがLカルニチン。摂取目安量は、1日あたり100〜500mg程度といわれる。

 Lカルニチンは加齢とともに不足する。不足すると、ミトコンドリアに脂肪酸が運ばれにくくなるため燃焼されず、太りやすくなる。食品では、羊肉や牛肉の赤身に多く含まれるが、肉を食べると脂肪分もとってしまうので、ダイエットしたい人にはサプリメントやドリンクが人気だ。

 「30代以上の人がよく飲むのは茶飲料。カルニチンを茶飲料にすることで、継続して飲みやすくした」(同社)という。

 350ml入りのほかに、900mL入りペットボトル(420円)もある。(清水由貴子、日経ヘルス