日経メディカルのロゴ画像

2005.08.24

三光純薬とエーザイがヤマサの間質性肺炎診断用キットを共同販促

 三光純薬とエーザイは8月24日、ヤマサ醤油が開発、製造・販売している間質性肺炎診断用キット「SP-Dキット『ヤマサ』EIA」の共同販促を9月1日に開始すると発表した。

 三光純薬は、間質性肺炎診断用キット「エイテストKL-6」、「ピコルミKL-6」を製造販売し、エーザイとともに販促活動を行っている。SP-D検査薬とKL-6検査薬は、両方とも間質性肺炎の発症診断だけでなく、活動性評価や治療効果判定にも用いられているが、それぞれの特性を生かした間質性肺炎の診断補助が期待されているという。そのため、ヤマサ醤油は、三光純薬とエーザイがSP-D検査薬の共同販促を行うことで、SP-D検査薬の普及・拡大を目指す考えだ。なお、共同販促開始後もSP-D検査薬の製造販売は、ヤマサ醤油が引き続き行う。(横山勇生)