日経メディカルのロゴ画像

2005.08.11

エリスロポエチン市場のシェア変更なるか、キリンが長時間作用型製剤を申請

 キリンビールは、第2世代エリスロポエチン製剤「KRN321」(NESP)の申請を2005年前半に行ったことをこのほど明らかにした。申請した対象疾患は腎性貧血で、がん性貧血を対象にフェーズ2臨床試験もキリンは進めている。

 赤血球を増やすたんぱく質医薬品であるエリスロポエチン製剤はキリンの「エスポー」と中外製薬の「エポジン」がある。薬価ベースで約1400億円の大型市場を形成しているが、中外の「エポジン」がシェア争いでは優位に立っており、国内の7割のシェアを押さえているとも言われている。

 NESPは米国Amgen社の製品で、EPOの誘導体。天然型のEPOと比べN結合型糖鎖が2本多く結合している。作用機構は天然型と同じだ。EPO受容体に結合して造血を促進する。糖鎖が増加したため、血中半減期は天然型EPOの3倍に延長した。その結果、EPOに比べて投与頻度を少なくできる。NESPは欧米では既に発売され、EPOからの切り替えが進んでいる。中外もポリエチレングリコールを結合させて体内での安定性を増したEPOの臨床試験を進めている。

 わが国でNESPがキリンのシェア回復にどの程度貢献するか、注目される。(横山勇生)