2005.08.07

【日本遺伝子診療学会速報】 計算・計量化と啓発・教育化が遺伝子診療の今後の新たな課題と指摘

 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科教授の新川詔夫氏は遺伝子診療の今後の新たな課題として、計算・計量化と啓発・教育化の2つを挙げた。8月5日に長野県松本市で開催された日本遺伝子診療学会の特別講演「わが国の遺伝医学の現状と課題」の中で、指摘したものだ。

 新川氏は計算・計量化については、ゲノムインフォマティクス、インターネットでの情報共有化、遺伝性疾患データベースの構築、多因子性疾患解明で重要になる量的形質への積極的アプローチが必要になるとした。一方、啓発・教育化については、小学校、中学校を含めた学校における遺伝子学教育、医科大学における遺伝医学・遺伝子学教育の充実と国家試験出題が必要になるとした。

 遺伝子医療が着実に市民権を得つつあり、医療に関わる医師が増えている一方で、国民の知識が増えておらず、自己決定できない場合があり、今後、問題になると指摘したものだ。また大学教育の場で、遺伝病患者に対する差別意識払拭のためにヒト遺伝子の多様性を教えることや遺伝情報が持つ、従来の医療情報と異なる特殊性を教えることなどが必要とした。

 新川氏は日本の遺伝子診療について、医療化、分子化、国際化、社会化、ビジネス化の5つの側面から現状を解説した。院内措置による遺伝子診療部設置が一般化していることや、試料を提供する協力者と研究者をつなぐゲノム・メディカルリサーチコーディネーター認定制度の動きが始まっていることなどを説明した。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 入試不正なんてどこにでもある。何をいまさら… 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《5》私立大卒医師匿名座談会 FBシェア数:75
  2. 「絶食、スルバクタムアンピシリン」でいいの? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:193
  3. 70歳代男性。食思不振、湿性咳嗽 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  4. 発症後4.5〜9時間の脳梗塞にもtPAは有効 特報◎第11回世界脳卒中会議(WSC2018) FBシェア数:276
  5. 臥位の腹部X線でもイレウスを発見できる 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」 FBシェア数:98
  6. 骨粗鬆症診療では診断基準のみをアテにするな 宗圓聰の「総ざらい骨粗鬆症診療」 FBシェア数:10
  7. 「優秀だから」指導してもらえない中途採用者 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:14
  8. 2回心停止した重症外傷患者の生還 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:12
  9. 裏口入学の斡旋を「無視してよかった」 シリーズ◎医師を狙う悪い奴ら《5》手口の実態(後編) FBシェア数:33
  10. 採血を失敗し、患者に激怒された 患者とのコミュニケーション困難事例と対処法 FBシェア数:49
医師と医学研究者におすすめの英文校正