日経メディカルのロゴ画像

2005.08.04

NIHグループが糖尿病関連遺伝子を同定、一つはトレハラーゼ

 米国立衛生研究所(NIH)の下部機関のひとつである米国立糖尿病消化器腎疾患研究所のLeslie J.Baier氏らは、アメリカ先住民であるPima Indiansから得た遺伝子試料を解析して、2型糖尿病と肥満に関連する遺伝子の同定に成功した。同定した遺伝子はトレハラーゼで、研究グループは酵素活性を測定することが、糖尿病の発症予測に利用できるかどうか、現在調べているところだという。成果は8月3日から4日に山形市で開催された第25回札幌がんセミナー国際がんシンポジウムで発表された。

 Pima Indiansは80%以上が肥満で、35歳以上の50%以上が2型糖尿病となるとされている。Baier氏らは、966人の兄弟を含む264家族の遺伝子情報をもとに、肥満と糖尿病に関する遺伝子のポジショナルクローニングを行った。ポジショナルクローニングは、染色体上に存在する多数の遺伝子マーカーを基に疾患に関連した遺伝子領域を同定していく方法だ。

 Baier氏は肥満と2型糖尿病に関連する遺伝子が存在する領域として、11q23-24と1q21-24という染色体上の領域を同定した。11q23-24には、一塩基多型(SNP)が特に多く存在する領域が存在し、研究グループはそれぞれBIG1とBIG2と領域に名をつけた。BIG1をさらに解析したところ、トレハラーゼをコードしている遺伝子に変異が多いことを見い出した。1989年には別の研究グループが血中のトレハラーゼ活性が糖尿病と関係があることを報告していた。一方、BIG2には転写調節領域があったものの特に遺伝子は存在していなかった。Baier氏はBIG2領域はエンハンサーとして働いているのではないかと推測していた。(横山勇生)