2005.08.02

【欧州高血圧学会速報】高血圧のある狭心症患者でCa拮抗薬が心血管イベント予防に有効 ACTIONスタディのサブ解析結果が発表

 高血圧のある狭心症患者では、循環器イベントの合併を予防するのに長時間作用型のカルシウム拮抗薬が有効のようだ。心不全の新規発症が38%減少、後遺症を伴う脳卒中は33%減少、一過性脳虚血発作(TIA)が28%減少、などのデータが得られた。これは、狭心症患者を対象とした大規模無作為比較試験であるACTIONの層別解析の結果に基づくもので、欧州高血圧学会(ESH)のサテライトシンポジウムで発表された。

 ACTIONはA Coronary disease Trial Investigating Outcome with Nifedipine GITSの頭文字をとったもの。すでに治療を受けている安定狭心症患者に、長時間作用型のニフェジピンを追加することによって予後を改善できるかどうか、プラセボを対象に比較した。7665例をニフェジピン群3825例、プラセボ群3840例に割り付け、平均4.9年追跡している。

 試験の開始時点で、患者の99%は抗狭心症薬による治療を受けており、そのほか、アスピリン86%、β遮断薬80%、脂質低下薬68%、ACE阻害薬20%を服用していた、多くの患者が複数の薬による治療を受けていたことになる。併用する薬の種類を増やすことには、新たな治療効果を期待できる反面、予期せぬ副作用や相互作用の可能性も増える。そのため有効性と安全性の両面から評価された。

 プラセボ群と比較して、全死亡や脳血管・心血管イベントの発生に関するハザード比は1.01(95%信頼区間0.90-1.14)で、ニフェジピン群で死亡や副作用は増えていないという結論だった。有効性に関しては、心不全で有意差が見られ(ハザード比0.71、95%信頼区間0.54-0.94)、新規発症を29%抑制したというデータが得られている。ここまでは既にミュンヘンで開催された昨年のESHで報告されている。

 今年の発表は高血圧を合併している群に注目したものだ。7665例のうち登録時に高血圧(140/90mmHg以上、糖尿病合併患者では130/80mmHg以上)だったのは3977例。この中で1975例のニフェジピン群と2002例のプラセボ群を比較し、層別のデータを解析した。

 その結果が冒頭に示した数字である。残念ながら心血管イベントに関連しない死亡例が、ニフェジピン群にわずかに多く、総死亡率を減らすには至らなかったが、心不全や脳卒中に関してはいずれも95%信頼区間が1.0を下回っており、統計的に有意なデータであった。発表者の1人で英国インペリアル大学教授のフィリップ・プールウィルソン氏は、「降圧効果に加え、ニフェジピンには血管保護作用があり、こうした結果をもたらしたのではないか」と推測している。(平田尚弘、日経メディカル

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 66歳男性。5日前から続く息切れ 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. マッチング中間、5年ぶりに東京大学が首位奪還 「医師臨床研修マッチング2018」中間結果ランキング FBシェア数:107
  3. 「なんなの、この人」。そう言われて我に返ったあの… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:34
  4. その便秘薬の処方、間違っていませんか? リポート◎グーフィス、リンゼスなど新たな便秘薬が続々登場 FBシェア数:170
  5. <片麻痺>患者をCT室に送る前の必須検査は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:33
  6. 中小病院が国から託された「新たな使命」とは? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  7. 本当に誤嚥? 誤嚥の原因は? なぜ肺炎に? 吉松由貴の「誤嚥性肺炎、診療の知恵袋」 FBシェア数:73
  8. 臨床が好きになった日と開業が近づいた日 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」 FBシェア数:10
  9. 大腸癌検診は旧態依然でいいの? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:36
  10. 「正しい情報」だけでは変わらない患者の行動を変え… 医療4.0〜第4次産業革命時代の医療〜 FBシェア数:3
医師と医学研究者におすすめの英文校正