2005.07.30

新しい乾癬治療薬となるか、エーザイが抗TNF抗体を乾癬対象にフェーズ2試験開始

 エーザイがヒト抗腫瘍壊死因子(TNF)-αに対する完全ヒト型モノクローナル抗体製剤「D2E7」(一般名:アダリムマブ)の、乾癬を対象にしたフェーズ2臨床試験を開始した。7月29日に同社が発表した2006年3月期第1四半期の業績発表の中で明らかにされたもので、実用化に成功すれば、新しい作用機序に基づく乾癬治療薬になる。

 D2E7は、英Cambridge Antibody Technology社と米Abbott Laboratories社が開発した抗体医薬品。関節リウマチなどの炎症で重要な役割を果たしているサイトカインであるTNF-αを中和することで効果を発揮する。米国、英国を含む58カ国で既に関節リウマチ治療薬(商品名は「HUMIRA」)として認可されており、わが国でも関節リウマチを対象にフェーズ2試験が進められている。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
  6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
  8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
  10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正