日経メディカルのロゴ画像

2005.07.27

嗅覚異常に対するステロイド点鼻療法(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年7月号から、「服薬指導 」を紹介します。テーマは「嗅覚異常に対するステロイド点鼻療法」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 耳鼻科診療所に通院中の55歳の男性Eさんが、処方せんを持って薬局を訪れ、次のような質問をしました。

 先月、かぜを引いた後に副鼻腔炎になってしまいました。副鼻腔炎の症状は改善したのですが、その後、においが感じられなくなりました。先生からは、「すぐには治らないので根気よく治療を続けましょう」と言われましたが、どのくらい続ければ嗅覚が戻ってくるのでしょうか。

■処方せん
(1) リンデロン液(5mL) 1本
   1日2回 起床時・就寝前点鼻(1回1〜2滴)

Q 嗅覚障害に対するステロイド点鼻療法の投薬期間は、一般にどの程度と考えられているか。
(1) 1〜2カ月
(2) 3〜4カ月
(3) 5〜6カ月

 答えは本誌2005年7月号(Premium)をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます