2005.07.27

嗅覚異常に対するステロイド点鼻療法(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年7月号から、「服薬指導 」を紹介します。テーマは「嗅覚異常に対するステロイド点鼻療法」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 耳鼻科診療所に通院中の55歳の男性Eさんが、処方せんを持って薬局を訪れ、次のような質問をしました。

 先月、かぜを引いた後に副鼻腔炎になってしまいました。副鼻腔炎の症状は改善したのですが、その後、においが感じられなくなりました。先生からは、「すぐには治らないので根気よく治療を続けましょう」と言われましたが、どのくらい続ければ嗅覚が戻ってくるのでしょうか。

■処方せん
(1) リンデロン液(5mL) 1本
   1日2回 起床時・就寝前点鼻(1回1〜2滴)

Q 嗅覚障害に対するステロイド点鼻療法の投薬期間は、一般にどの程度と考えられているか。
(1) 1〜2カ月
(2) 3〜4カ月
(3) 5〜6カ月

 答えは本誌2005年7月号(Premium)をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 69歳男性、失神 日経メディクイズ●心電図
  2. 【レッスン9】異常陰影を指摘せよ(難易度 低) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」
  3. 30歳代男性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  4. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  5. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  6. 1歳10カ月男児。食物アレルギー精査 日経メディクイズ●小児
  7. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  8. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  9. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  10. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
医師と医学研究者におすすめの英文校正