2005.07.27

本態性振戦に処方された抗てんかん剤(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年7月号から、「処方せんを読む」を紹介します。テーマは「本態性振戦に処方された抗てんかん剤」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 3年前から喘息で総合病院の呼吸器内科に通院している47歳の女性Tさんが処方せんを持って薬局を訪れました。今回は神経内科からの処方せんだったので病状を確認すると、Tさんは次のような質問をしました。

 少し前から手がふるえて字が書きづらくなったので、神経内科で診てもらったら「ホンタイセイシンセンですね」と言われました。初めて聞く病名ですが、どんな病気なのでしょうか。また、先生は「Tさんには普通の薬は使えないから、代わりの薬を出します」とおっしゃっていましたが、この薬で本当に大丈夫なのでしょうか。

■処方せん
(1) プリミドン錠250mg大日本 1錠
   1日1回 朝食後服用 7日分
*薬歴簿によると、呼吸器内科からはテオドール(一般名:テオフィリン)、メプチン(一般名:塩酸プロカテロール)、ムコソルバン(一般名:塩酸アンブロキソール)が処方されている。

Q1 本態性振戦に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
(1) 安静時によくみられる。
(2) 丸薬を丸めるような遅いふるえ方が特徴ある。
(3) しばしば家族歴がみられる。
(4) 飲酒によってふるえが改善することがある。

Q2 本態性振戦に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
医師が「普通の薬は使えない」と言ったのはどのような意味だと考えられるか。

 答えは本誌2005年7月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

北海道で発生した地震の影響により、日経メディカル、日経ヘルスケア、日経ドラッグインフォメーション各誌の2018年9月号のお届けに一部遅れが生じます。ご理解のほどお願い申しあげます。

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:685
  2. 新高血圧GL、日本は基準値140/90維持の方針 学会トピック◎第41回日本高血圧学会総会 FBシェア数:207
  3. クラビットにビオフェルミンRはOK!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:173
  4. 絶滅危惧種? ワルファリンの使い道はここだ プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:40
  5. 「勤務医&専業主婦」は最大40万円の増税に Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:181
  6. 「先生、すごいですね」は一人前と見なされていない… シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:106
  7. 『ハリソン内科学』のハリソン先生に迫る 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:16
  8. どうします? 高齢者救急で遭遇するモヤモヤ 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか part II FBシェア数:105
  9. 看護師ができないなら、俺たちがやろう! 特集◎忘れられないカルテ FBシェア数:45
  10. おたふくかぜを侮るな! 数百人が難聴に 保護者向け「ワクチン指導箋」を活用しよう! FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正