2005.07.27

本態性振戦に処方された抗てんかん剤(DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年7月号から、「処方せんを読む」を紹介します。テーマは「本態性振戦に処方された抗てんかん剤」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 3年前から喘息で総合病院の呼吸器内科に通院している47歳の女性Tさんが処方せんを持って薬局を訪れました。今回は神経内科からの処方せんだったので病状を確認すると、Tさんは次のような質問をしました。

 少し前から手がふるえて字が書きづらくなったので、神経内科で診てもらったら「ホンタイセイシンセンですね」と言われました。初めて聞く病名ですが、どんな病気なのでしょうか。また、先生は「Tさんには普通の薬は使えないから、代わりの薬を出します」とおっしゃっていましたが、この薬で本当に大丈夫なのでしょうか。

■処方せん
(1) プリミドン錠250mg大日本 1錠
   1日1回 朝食後服用 7日分
*薬歴簿によると、呼吸器内科からはテオドール(一般名:テオフィリン)、メプチン(一般名:塩酸プロカテロール)、ムコソルバン(一般名:塩酸アンブロキソール)が処方されている。

Q1 本態性振戦に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
(1) 安静時によくみられる。
(2) 丸薬を丸めるような遅いふるえ方が特徴ある。
(3) しばしば家族歴がみられる。
(4) 飲酒によってふるえが改善することがある。

Q2 本態性振戦に関する記述として正しいのは次のうちどれか。
医師が「普通の薬は使えない」と言ったのはどのような意味だと考えられるか。

 答えは本誌2005年7月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:228
  2. 休憩室から漏れ聞こえる話に院長が抱いた疑問 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:66
  3. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:137
  4. 50代開業におけるライバルは若手。手ごわいよ シリーズ◎何でもPros Cons【50代、開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:12
  5. 大学病院での勤務経験はそんなに大切ですか? シリーズ◎何でもPros Cons【ずっと市中病院勤務はアリ?】 FBシェア数:29
  6. 20世紀建築の巨匠が画家として描いた代表作 日経おとなのOFF presents 医師の絶対教養 美術編 FBシェア数:0
  7. 感染対策における俺たち例外主義(その1) 森井大一の「医療と経済と行政の交差点」 FBシェア数:24
  8. 「透析しない選択肢」も意思決定支援に必要 東京大学大学院人文社会系研究科上廣死生学・応用倫理講座特任教授の会田薫子氏に聞く FBシェア数:1435
  9. なぜ人気? 会費がバカ高い米国の学会 特集◎新専門医制度時代の学会と専門医《9》 FBシェア数:78
  10. 「50代で開業する」は実は少数派だった! シリーズ◎何でもPros Cons【50代で開業する? 勤務医続ける?】 FBシェア数:6
医師と医学研究者におすすめの英文校正