2005.07.27

高尿酸血症患者に適した降圧剤 (DIクイズ)

 日経ドラッグインフォメーション2005年7月号から、「服薬指導」を紹介します。テーマは「高尿酸血症患者に適した降圧剤 」です。お試しください。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 近隣の内科クリニックで高血圧の治療を受けている55歳の男性Tさんが診察の帰りに処方せんを持って薬局を訪れました。薬を受けるとき、Tさんは次のような質問をしました。

 会社の健診で高血圧と診断されてから、ずっと近所の内科クリニックに通っています。ときどき血液検査をするのですが、この前、尿酸値が高いと言われてしまいました。尿酸値が高いと痛風になるというのは聞いたことがありますが、先生の話では「高血圧を伴う人は心筋梗塞の危険性も高くなる」ということだったので、心配です。今日、血圧の薬を尿酸の方にも効果がある薬に変えていると言っていましたが、そんな薬、あるのですか。

■処方せん
(1) カルデナリン錠1mg 1錠
 ニューロタン錠50 1錠
 ユリノーム25mg 1錠
    1日1回 朝食後服用 28日分
(2) ランデル錠10 2錠
    1日2回 朝・夕食後服用 28日分

Q1 以下の降圧剤を血清尿酸値を上昇させるものと下降させるものに分類せよ。
(1) フルイトラン(一般名:トリクロルメチアジド)
(2) セロケン(一般名:酒石酸メトプロロール)
(3) エースコール(一般名:塩酸テモカプリル)
(4) ディオバン(一般名:バルサルタン)
(5) ニューロタン(一般名:ロサルタンカリウム)

Q2 高尿酸血症・痛風の治療ガイドラインにおいて、高血圧を合併した高尿酸血症患者で心血管病のリスクを高いとされている血清尿酸値は次のどれか。なお、血圧正常者では男性で9.0mg/dL以上、女性で7.0mg/dL以上がハイリスクとされている。
(1) 男性 8.5mg/dL以上、女性 6.8mg/dL以上
(2) 男性 8.0mg/dL以上、女性 6.5mg/dL以上
(3) 男性 7.5mg/dL以上、女性 6.2mg/dL以上

 答えは本誌2005年7月号をご覧下さい。日経BP記事検索サービスでもご覧になれます

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「主治医は替えません」その言葉で覚悟を決めた シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:140
  2. 86歳女性。動悸 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:1
  3. GLP-1受容体作動薬は心血管リスクを減らすか 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:24
  4. 午前4時、3歳女児が煙草臭い母と救急外来に 短期集中連載◎なぜ今『救急×緩和ケア』なのか partII FBシェア数:246
  5. 肺炎球菌感染症の「常識」が変わる トレンド◎ワクチン型が激減、重症例は高齢にシフト FBシェア数:170
  6. 医療費や死亡率に出身大学による差はない BMJ誌から FBシェア数:112
  7. ステージ4肺癌+癌性リンパ管症患者の大冒険 シリーズ◎忘れられないカルテ FBシェア数:54
  8. 大学病院の勤務医の給料はなぜ安いのか? Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:169
  9. 訪問看護でつい考えてしまうこと 病院珍百景 FBシェア数:95
  10. 「東京医大ではガバナンスが働いていなかった」 特集◎波紋広がる東京医大の入試不正事件《2》証言その1 FBシェア数:18
医師と医学研究者におすすめの英文校正