2005.07.27

米国病院の心筋梗塞、心不全、肺炎に関する医療の質が2年間で向上、JCAHOの調査結果

 米国の病院における心筋梗塞や心不全、肺炎に関する医療ケアの質が、過去2年間で向上したことがデータで証明された。これは、米国の医療施設評価合同委員会(JCAHO)が、2002年から2004年にかけて全米3000超の病院を調査し、明らかにしたもの。New England Journal of Medicine(NEJM)誌2005年7月21日号で、その結果を公表した。

 JCAHOは2002年から、認定を行う病院を対象に、先の3分野についての医療の質を計る18項目について調査を始めた。18項目のうち、医療ケアのアウトカムに関するものは1項目のみで、それ以外は医療ケアの過程に関するものだった。この調査に参加した病院には、調査期間中、四半期ごとにフィードバックをした。

 併せて3087病院の結果について分析を行った。その結果、18項目中15項目で、2年間で有意な質の向上が認められた。なかでも、最も大幅な向上が見られたのは患者への禁煙指導で、心筋梗塞、心不全、肺炎の患者に対する実施率は、それぞれ19、32、33ポイント増加した。また改善の見られた15項目のうち3項目は、調査当初に既に実施率の平均値が90%を超えていたにもかかわらず、さらなる改善が見られた点は注目に値する。なお、有意に質が低下した項目はなかった。

 また、調査開始時点でスコアが低かった病院は、もともと高かった病院に比べ、より速いペースで改善を遂げた傾向が見られた。

 JCAHOの副会長であるJerod M. Loeb氏は、「今回の調査結果から、医療ケアのプロセスをモニターすることの効用が明らかになった」とし、「(医療ケアの)パフォーマンス測定は、医療の質と安全性の向上にとって、絶対的に重要なことだ」とコメントした。

 詳しくは、JCAHOのニュースリリース、または、NEJM誌のアブストラクトで参照できる。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  2. 30歳代男性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  3. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  4. 「心臓マッサージ」は間違いじゃない、けど…… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  6. 「ディズニーストラテジー」を試してみませんか 診療所マネジメント実践記
  7. 離乳とアレルギーの関係は? 気になる改定「ガイド… リポート◎「授乳・離乳の支援ガイド」が12年ぶりに改定
  8. 【漫画】めまいの原因 ガンバレ薬剤師
  9. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  10. [file001]とにかくよく休む男性 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
医師と医学研究者におすすめの英文校正