2005.07.26

中外製薬、未承認薬使用抗がん剤「Avastin」が早期申請へ 

 中外製薬は7月26日、未承認薬使用問題検討会議で、海外での臨床試験と国内のフェーズ1臨床試験のデータで、抗がん剤の抗血管内皮成長因子抗体「R435」(一般名はベバシツマブ、海外での製品名は「Avastin」)の承認申請を行う勧告が行われたことを受けて、医薬品医療機器総合機構と早期申請に向けた討議を行っていくことを明らかにした。

 また、未承認薬の混合診療制度の議論の中で生み出された、より多くの人が参加できるようにした治験である安全性確認試験を「R435」を実施すべきとの方向性が検討会議で示されたことから、今後当局と実施方法の詳細を相談していくとしている。「R435」の早期申請に期待が広がる一方、安全性確認試験の費用は通常の臨床試験と同じく企業の負担となるため、中外製薬の負担は増加することになる。

 なお、EGFR(HER1)チロシンキナーゼ阻害系抗がん剤「R1415」(海外での製品名は「Tarceva」)については、安全性への注意が必要であり、進行中のフェーズ2試験の中で使用されることが適当と判断され、現在の臨床開発を継続して実施していくことになった。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 57歳女性。発熱、両下肢の痛み、爪の変色。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1522
  3. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:43
  4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:531
  5. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:558
  6. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:91
  8. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:298
  9. PCI後の抗凝固薬・抗血小板薬併用はいつまで? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:80
  10. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:107
医師と医学研究者におすすめの英文校正