2005.07.26

米Valeant社、C型肝炎対象に経口ヌクレオシド製剤の試験をわが国で開始へ 

 米Valeant Pharmaceuticals International社は7月25日、経口ヌクレオシド(グアノシン) 誘導体製剤の「Viramidine」の開発をわが国で開始する計画を発表した。東京で開催された同社のC型肝炎諮問委員会の後、開発を決定したものだ。

 Valeant社は未治療の慢性C型肝炎患者を対象にPEG−インターフェロンと併用で試験を行うとしている。「Viramidine」は現在、海外で2件の大規模フェーズ3試験が行われている。

 Valeant社は日本で最も大きいCRO(医薬品開発業務受託機関)企業と既に提携しており、薬物動態に関する試験を今年後半に開始する計画だ。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 春に多い「ジアノッティ症候群」をご存じですか 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来
  2. 患者さんを無意識に傷つける「善意という呪い」 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」
  3. 急性胆管炎・胆嚢炎ガイドラインはこう変わった インタビュー◎国際基準「Tokyoガイドライン」が大幅改訂
  4. 「研修医じゃだめだ、上級医を呼んで来い!」 アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり
  5. HFpEFの正体はNOの異常? 古川哲史の「基礎と臨床の架け橋」
  6. 溶連菌治療は本当にペニシリンでいいのか? かぜ診療での“困った”に答えます
  7. 腰に力が入らなくなったのは圧迫骨折のせい? AntaaQAピックアップ
  8. 医師のネット風評被害、急増中のケースは… 日経ヘルスケアon the web
  9. 好みのバーチャル医師が診察? 医師側にも意外な利… 記者の眼
  10. アナムネで困ったことBest3 こんな私も3年目 みちよのナース道
医師と医学研究者におすすめの英文校正