2005.07.26

アンジェスMG、アトピー性皮膚炎治療用NFκBデコイのフェーズ1試験を開始へ 

 アンジェスMGは7月25日、NFκBデコイオリゴヌクレオチドを用いたアトピー性皮膚炎治療薬のフェーズ1臨床試験を近く開始すると発表した。初回治験計画に関する当局による調査が終了したもので、治験実施医療機関と今後契約を締結し、臨床試験を開始する計画だ。

 NFκBは炎症に関与する転写調節因子。NFκBデコイオリゴヌクレオチドは、NFκBが本来結合する部位と同一の配列を持つオリゴヌクレオチド。本来の部位への結合を阻害することで、抗炎症効果を発揮する。

 アンジェスMGは、7月8日にアルフレッサファーマとNFκBデコイオリゴヌクレオチドを用いたアトピー性皮膚炎治療薬の国内共同開発で提携したことを発表している。(横山勇生)


■ 関連トピックス ■
◆ 2005.7.11 新メカニズムのアトピー薬になるか?
アルフレッサがアンジェスとアトピー性皮膚炎治療用NFκBデコイの共同開発で提携





Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「HPVワクチン名誉毀損訴訟」で抱く違和感 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』
  2. 発熱と鎖骨付近の疼痛、見逃しNGの2疾患は? カンファで学ぶ臨床推論
  3. 爪が雲母のように分離してます… 佐藤俊次の「毎日使うダーモスコピー!」
  4. 経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」… 第67回日本化学療法学会より
  5. 家計にとって子どもは「負債」なのか Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」
  6. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  7. 診断エラー・カンファレンスの秘訣 診断エラー学のすすめ
  8. 看護師の採用に“コツ”はあるか 谷口恭の「梅田のGPがどうしても伝えたいこと」
  9. 腎盂腎炎の診断でCVA叩打痛が当てにならないこれ… 岡秀昭の「一般外来で感染症をどう診る?」
  10. 26歳女性。発熱、倦怠感 日経メディクイズ●胸部X線
医師と医学研究者におすすめの英文校正