2005.07.26

熊本大、関節リウマチの新規治療薬開発に道 動物レクチンで異常増殖した滑膜細胞のアポトーシスを誘導

 熊本大学医学薬学研究部講師の坂田研明氏らの研究グループは、関節リウマチ患者の滑膜細胞を用いたin vitroの実験で、動物レクチンの一種であるガレクチン9を安定化したたんぱく質が、滑膜細胞にアポトーシスを誘導できることを確認した。

 現在、関節リウマチで画期的な治療薬として使われている抗腫瘍壊死因子(TNF)α抗体製剤、可溶性TNFα受容体製剤は、滑膜炎症の中心的なサイトカインであるTNFαを阻害して炎症反応を抑制する。

 安定化ガレクチン9によって、異常増殖した滑膜細胞を実際に患者の体内で排除できれば、関節リウマチの、より根治的治療薬になる可能性がある。

 ガレクチンは、βガラクトシドを認識する動物レクチンの総称。このうち、ガレクチン9は、好酸球遊走活性やがん細胞にアポトーシスを引き起こすなどの活性をもつことが明らかになっている。ガレクチン9は、糖鎖を認識する2つのドメインをリンカーペプチドがつなぐ構造をしている。安定化ガレクチンはこのリンカーペプチドを短くすることで、たんぱく質分解酵素に対する耐性が100倍以上高くなり、しかもアポトーシス誘導活性が2倍以上になった誘導体だ。安定化ガレクチン9はバイオベンチャーのガルファーマが提供している。(横山勇生)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 57歳女性。発熱、両下肢の痛み、爪の変色。 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  2. 開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳 岐阜県保険医協会が寿命に関する調査結果を公表 FBシェア数:1522
  3. 【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中) 山口哲生の「目指せ!肺癌検診の達人」 FBシェア数:43
  4. 医師国試合格発表、合格率は89.0%にダウン 9029人の新医師が誕生、あなたの大学の合格率は? FBシェア数:531
  5. 終末期、患者に選択肢を提示するのはタブー 日本赤十字社医療センター救急科の山下智幸氏に聞く FBシェア数:558
  6. 70 歳女性。脈の結滞 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価 NMO処方サーベイ FBシェア数:91
  8. 自己決定による治療中止に警察は介入しない 武蔵野大学法学部法律学科特任教授の樋口範雄氏に聞く FBシェア数:298
  9. PCI後の抗凝固薬・抗血小板薬併用はいつまで? プライマリ・ケア医のための心房細動入門リターンズ FBシェア数:80
  10. 配偶者に「医師以外」を望む医師が7割 シリーズ◎何でもPros Cons【配偶者は医師がいい?】 FBシェア数:107
医師と医学研究者におすすめの英文校正