2005.07.25

【裁かれたカルテ】 医師の投薬変更指示で薬の一部を中止 自宅で激しい胸痛発作を起こして死亡

 胸痛発作を起こして病院で通院治療を受けていた患者が、自宅で激しい胸痛発作を起こして死亡した。病院の医師の投薬変更指示により、それまで服用していた薬の一部を中止した後のことだった。判決は、患者が「冠れん縮性狭心症」だった可能性を見過ごした上、十分な観察を行わずに投薬変更指示を行った過失があったとし、被告病院に5000万円余の支払いを求めるよう命じた。

 原告らは、狭心症の発作を起こして被告の経営する病院を受診していたのに、通院治療中の患者が自宅で発作を起こし死亡したことなどから、担当医師には、(1)入院検査を怠った過失、(2)投薬上の説明を怠った過失、(3)投薬の継続が必要であったにもかかわらず、中止、もしくは変更した過失、(4)病院内における引継ぎを怠った過失−−があったなどと主張し、7000万円余の損害賠償を求めて提訴していた。

 裁判では、「投薬変更」にからむ過失の有無が最大の争点となった。結局、「(投薬変更を指示した)医師は、少なくとも冠れん縮性狭心症の可能性が存在することを前提に治療方針を決定すべきであったのに、これを怠り、安易に投薬変更を指示した過失があるというべきである」と断じた。

 「安易に投薬変更を指示した」との表現はとても重く、医療側の過失を厳しく問う判決となった(詳しくは有料ネット講座「まさかの時の医事紛争予防学」で提供しています)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「発光する」鈎、暗い術野を明るく照らす トレンド【動画付き】◎小切開手術に役立つコードレス鈎 FBシェア数:181
  3. 「暴れる患者」をどうしていますか? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:73
  4. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:316
  5. 銀杏の食べ過ぎで小児が痙攣を起こす理由とは 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:69
  6. 風疹の流行、首都圏から全国へ拡大か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:49
  7. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1349
  8. 糖尿病、5つの危険因子の管理でイベント増えず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:151
  9. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  10. 自院のHP、「記載内容の限定解除」って何? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正