2005.07.25

【骨代謝学会速報】 骨代謝障害と血管障害をつなぐ鍵は炎症−会長講演

 「慢性腎不全や関節リウマチなどで見られる骨量減少などの骨代謝障害や、血管石灰化といった血管障害は、炎症反応を介したメカニズムによるものだ。こうした考え方は、骨粗鬆症などエイジングに関わる疾患やメタボリックシンドロームにおける血管病変を解明する手がかりにもなるだろう」。

 第23回日本骨代謝学会の学会長で、大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学教授の西沢良記氏は、7月22日に行われた会長講演「骨代謝と血管障害」の中でこう話した。

 骨代謝障害と血管障害の関連性は、以前はエイジングなどによって骨粗鬆症が発症し、骨から溶け出したカルシウムが血管壁へ移動することで血管石灰化や動脈硬化が起こるという考えで説明されていた。しかし近年、骨粗鬆症に関係する因子が血管障害に働き、また逆に血管障害に関わる因子が骨粗鬆症にも関与するなど、両疾患は互いに交差する因子が存在すると考えられるようになってきている。

 その一例として西沢氏は関節リウマチを取り上げ、関節リウマチ患者で見られる頸動脈血管壁の肥厚は、血圧などとは関係しない独立した血管障害の危険因子であり、血管障害の進展には炎症と骨代謝障害が関係すると述べた。

 そして関節リウマチや慢性腎不全などの疾患では、炎症や高サイトカイン血症を介して、骨代謝障害と血管障害が個々に起こること、さらにそこにはOPGやMGP、その他の骨関連蛋白や因子、またサイトカインなどの因子が関わっているだろうと説明した。

 しかし基礎研究において、血管石灰化の抑制因子とされるオステオプロテグリン(OPG)やマトリクスグラプロテイン(MGP)の場合、重度の冠動脈疾患と血管石灰化が見られる透析患者において、OPGは高いがMGPは低いなど、基礎研究における結果と臨床結果とでは不整合なこともあり、今後の検討が必要であると話した。(八倉巻尚子、医療ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 73歳女性。左II趾の隆起する淡紅色局面 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  2. 「発光する」鈎、暗い術野を明るく照らす トレンド【動画付き】◎小切開手術に役立つコードレス鈎 FBシェア数:181
  3. 「暴れる患者」をどうしていますか? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:73
  4. 風疹流行、2013年の悪夢を繰り返すな 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:316
  5. 銀杏の食べ過ぎで小児が痙攣を起こす理由とは 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:69
  6. 風疹の流行、首都圏から全国へ拡大か パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:49
  7. 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 リポート◎東京高裁が1審覆し自殺企図患者への対応の過失を認定 FBシェア数:1349
  8. 糖尿病、5つの危険因子の管理でイベント増えず 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎LECTURE FBシェア数:151
  9. 67歳男性。自宅の玄関で倒れていた患者 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  10. 自院のHP、「記載内容の限定解除」って何? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:12
医師と医学研究者におすすめの英文校正