2005.07.24

米国で受動喫煙や子供の鉛への被爆が減少、CDCが報告書

 米国で、受動喫煙や子供の鉛への被爆が、ここ約10年で大幅に減少したことがわかった。これは、米国疾病対策センター(CDC)が7月21日に公表した報告書、「Third National Report on Human Exposure to Environmental Chemicals」(第3回、環境化学物質に対する人の被爆に関する全米報告書)で明らかにしたもの。

 同報告書によると、受動喫煙への被爆の程度を示す非喫煙者の血中コチニン値は、1999〜2002年の中央値は1988〜91年に比べ、約7割減少した。具体的には、減少率は大人で75%、青少年では69%、子供では68%だった。ただし、子供の血中コチニン値は大人の約2倍と、子供が受動喫煙の被害者になりやすい現状も浮き彫りになった。

 また、子供の学習能力を阻害すると考えられる鉛についても、その被爆が大幅に減少したようだ。1〜5歳で血中鉛濃度が10μg/dL以上だった子どもは、1990年代初めには4.4%に上ったが、1999〜2002年の調査では1.6%に減っている。米国ではかつて塗料などに鉛が配合されていた。長期にわたって建築物を使い続ける欧米ならではの汚染被害といえる。

 一方、尿中カドミウム値については、その値がクレアチン1gあたり1μgで、わずかな腎臓障害と骨ミネラル密度低下のリスク増加に関連することが、最近の研究でわかってきている。今回の報告書では、20歳以上の5%が、この値に近いことが明らかにされており、CDCでは、この点に関するさらなる研究が必要だとしている。

 詳しくは、CDCのニュースリリース、または同報告書を参照。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 透析拒否で死亡、遺族が医師を訴えた理由 特集◎福生病院の「透析拒否で死亡」報道が投げかけたもの《3》
  2. 30歳代男性。胸部異常陰影 日経メディクイズ●胸部X線
  3. 息子に承継させたい院長が取った余計な行動 特集◎医師人生「後半戦」の落とし穴《2》承継(前編)
  4. 「心臓マッサージ」は間違いじゃない、けど…… 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  5. プライマリ・ケア連合学会、総合診療医にサブスペシ… 新・家庭医療専門医、病院総合診療専門医を養成
  6. 「ディズニーストラテジー」を試してみませんか 診療所マネジメント実践記
  7. 離乳とアレルギーの関係は? 気になる改定「ガイド… リポート◎「授乳・離乳の支援ガイド」が12年ぶりに改定
  8. 【漫画】めまいの原因 ガンバレ薬剤師
  9. イメージ論文の書き方(ひな型公開!) 市中病院からトップジャーナルを狙おう!
  10. [file001]とにかくよく休む男性 5分で勝負!産業メンタルヘルス事件簿
医師と医学研究者におすすめの英文校正