2005.07.24

米国で受動喫煙や子供の鉛への被爆が減少、CDCが報告書

 米国で、受動喫煙や子供の鉛への被爆が、ここ約10年で大幅に減少したことがわかった。これは、米国疾病対策センター(CDC)が7月21日に公表した報告書、「Third National Report on Human Exposure to Environmental Chemicals」(第3回、環境化学物質に対する人の被爆に関する全米報告書)で明らかにしたもの。

 同報告書によると、受動喫煙への被爆の程度を示す非喫煙者の血中コチニン値は、1999〜2002年の中央値は1988〜91年に比べ、約7割減少した。具体的には、減少率は大人で75%、青少年では69%、子供では68%だった。ただし、子供の血中コチニン値は大人の約2倍と、子供が受動喫煙の被害者になりやすい現状も浮き彫りになった。

 また、子供の学習能力を阻害すると考えられる鉛についても、その被爆が大幅に減少したようだ。1〜5歳で血中鉛濃度が10μg/dL以上だった子どもは、1990年代初めには4.4%に上ったが、1999〜2002年の調査では1.6%に減っている。米国ではかつて塗料などに鉛が配合されていた。長期にわたって建築物を使い続ける欧米ならではの汚染被害といえる。

 一方、尿中カドミウム値については、その値がクレアチン1gあたり1μgで、わずかな腎臓障害と骨ミネラル密度低下のリスク増加に関連することが、最近の研究でわかってきている。今回の報告書では、20歳以上の5%が、この値に近いことが明らかにされており、CDCでは、この点に関するさらなる研究が必要だとしている。

 詳しくは、CDCのニュースリリース、または同報告書を参照。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 8歳女児。左頸部と左鎖骨部の紅斑、痂皮、掻痒 日経メディクイズ●皮膚
  2. 経口薬処方だけで帰すと危険な「鋳型便秘」 西野徳之の「実践! 消化器ローテク診療」
  3. 医学部受験「バブル」はひとまず終息しました 記者リポート
  4. 「クラミジア肺炎」と言うの、やめませんか 倉原優の「こちら呼吸器病棟」
  5. 多国籍都市・上海で「外国人医師」になってみた 友成暁子の「ママドクターが見た中国の医療事情」
  6. 胃瘻は必要だけど「PEGの造設」には反対! 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」
  7. 60歳代男性。背部痛 日経メディクイズ●救急
  8. “泥沼ピロリ除菌”の背景にA型胃炎あり リポート◎特徴的な逆萎縮の内視鏡所見を探せ!
  9. 50代産婦人科医の過労自殺が問い掛けること リポート◎医師の過労死認定裁判の真実
  10. 「○○は否定できない」では患者は救われない 特集◎患者を癒す言葉、傷つける言葉《3》
医師と医学研究者におすすめの英文校正